最近アニメとふぃぎゃ~の事ばかり・・・
■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■親父のこと
2012/08/19 Sun日記



そろそろ WF記事のお客さんも一段落してきたので

親父のことでも書いておきます

まぁ 自分のための書きとどめでもあります



6/22に父が亡くなりました


まぁ 頭から書いていくと

3月頃に家からTELがあり 親父に胃がんが見つかったので

万一の事もあるから覚悟はしておけとのこと

親父はペースメーカーを入れていたので 毎年検診をしていて

たまたま見つかったそうです

この時はそれほど心配してなかったんですが

どっかで引っかかっていたのか 親父が死ぬ夢を見ました

正直あせりました あまり気にしていないつもりだったので^^;

とはいえ 動揺していてはしょうがないので

心を落ち着けました 癌なんて今やすぐ死ぬような病気じゃないと



さいわい心のコントロールは得意な方なので (コツは論理的な思考・・・)

実際 その後内視鏡手術が成功し親父も喜んでいたそうです

治った治ったと言いふらしていたそうなw



んが その後まだ腫瘍が残っているとの事で

今度は 胃を半分くらい切除するとか言われたそうです



んで GW 5/4にそれまで説明していなかった田舎(千葉)に

癌のことを報告しに行ったそうです(胃をとったらやせ細るだろうから)



そして4日後 5/8朝はいつも通りに仕事に行ったそうです

しばらく顔を合わせていなかった父の友人が たまたま現場に立ち寄ったら

具合が悪いので昼で帰っていいかなぁと言っていたそうです

その後 横になろうとしていたので声をかけたら返事がなく救急を呼んだそうです

救急がついたときには心肺停止 

車内で人工呼吸をして 一度は動き出したもののまた止まり

病院で電気ショックをやって 蘇生したそうです

とはいえ 心臓が止まっていたのが40分

心臓が3分止まれば脳細胞が死に始めるそうで・・・

実際 俺にとっては親父が死んだのはこの時でした

原因は未だにわかりませんが 心筋梗塞を起こしたんじゃないかと

しかし 挨拶に行った4日後って どんだけ準備がいいんだw



脳のダメージを抑えるために低体温療法とかいうのをやっていて

親父の体は冷たく 数年前に死んだ婆ちゃんを思い出しました

その後も何度か 意識の戻らない親父を見に行きましたが

熱があって体が熱いときや 目を開けるものの瞳は上を向いていたり・・・

正直 この頃は早く死んで欲しいと思っていました(酷い言い方かもしれないけど)

楽になってほしいと言うのが本意かな

回復してもまた胃がんとの闘病生活だし

このまま 植物人間状態なのもまた親父の意向ではないと思えたから・・・

結局4-50日後に親父は亡くなりました 6/22でした




翌日の朝 近所の葬儀屋で親父を死装束に着替えさせました

死後硬直しているので無理ない範囲で動かして衣装を着せます

折れたりしないのかちょっと心配でした

思えば 遺体になった父との対面は この時が初めてだったのですが

病院に見舞いに行ってた時も ”リビングデッド”などとかなり本気で思っていたのでw

改めて衝撃を受けることもなかったです

元来 人の死には鈍感な方みたいです



夜には通夜を行いました

通夜の後に葬儀屋から電話があって 母ちゃんが出て行きました

帰ってきたら 死んだ婆ちゃん連れてきました・・・

『婆ちゃん来たよ!』

・・・・・そうか親父が死んで婆ちゃんが蘇ったか・・・・・

いやいやいや ないだろ (一瞬本気で考えた)

声も姿もチョー似てるんです

おい あれ 誰だっけ?

隣の兄貴に聞くと 確か田○の婆ちゃんとか

そういえば 俺んちの近くに親戚の婆さんがいるとか聞いたことが・・・



よくよく考えると婆ちゃんの葬式でも ○村の婆さんを見て

アレ誰?と親父に聞いた覚えがある・・・(チョー似てるんです)

正体は婆ちゃんの妹だそうです



んでその田○の婆さんは 通夜に間に合わず葬儀屋についたそうな・・・

そして 置き去りに・・・え?家に泊まるの?

明日の挨拶の話とか 煮詰めることあるんだけど・・・



翌日 告別式

田舎の姉ちゃんが親父の思い出を手紙に綴ってくれました

アレ?親父案外頼られてんのね?なんか改めて思いました

火葬場へ出発前に挨拶しました

アレ?俺次男なんだけど・・・(兄が不甲斐ないので・・・)

一応 葬儀屋に言われたセオリーは守りました

葬儀屋曰く 皆聞いてないから 一言一言ゆっくり言えばいいそうです

ぶっちゃけすぎw・・・



んな感じで 葬式は済み・・・・・

息子が迎えに来ないので もう一晩泊まる田○の婆さん

いや帰れよw



なんかだんだん楽しくなってます

まぁぶっちゃけ 葬式中全然悲壮感なんて引きずってないんだけどね




そして 四十九日を待つと 新盆が来年になるとの事で

7/22に納骨しました

盆には改めて墓参りに行ってきました


これでほぼ全部終わりましたが

なんだかんだで 忙しい数ヶ月でした


今はもう いつもと同じ日々で

ってゆーか翌週にはいつも通りで 馬鹿な毎日を過ごしてます


今は笑顔でいます 元気です





トラックバック(0)+ +コメント(0)
DAIBA de DIVA ≪ BACK ≪ HOME ≫ NEXT ≫ WF2012SUMMER その4

管理者にだけ表示を許可する
HOME
みくろっく
Twitter on FC2
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
バロメーター
検索ぷらす
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ほしの

Author:ほしの
ますたーそーどみっけ

戦闘力(嘘
最近の記事
最近のコメント
リンク

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。